D.H.G MOTOR SPORTS DHG Racing

トップ > SuperGT > レースレポート > 第9戦 (7) - 決勝コメント

レースレポート

決勝コメント
神長監督のコメント
 今シーズンはスタートから、まずこの車両をきちんとしたレーシングカーとして開発することに重点を置いてやってきました。結果、成績そのものは昨年より振るいませんでしたが、車の完成度は格段に上がったと自負しています。今年1年は我慢の年だったと考え、来年以降に生かしていけるようこれからの準備期間を充実させていこうと考えています。1年間、DHGレーシングをサポートくださった関係者の方々に心より御礼申し上げます。

池田大祐選手のコメント
 スタートは上手く決まり、順調にポジションをあげていくことが出来ましたがやはり徐々にタイヤの使い方などが難しくなり、後半に行くにつれ伸びがなくなってきてしまいました。ピットインのタイミングが他の車と重なり、よけきれずにラインをカットしてしまったのですが、あってはならないミスだったと反省しています。昨シーズンから2年にわたってこのフォードGTに関わり、様々な変化を目の当たりにしてきました。来年は更なる進化を遂げることが出来るよう、努力を続けていきたいと思っています。

番場琢選手のコメント
 今回は成績こそ振るいませんでしたが、今シーズンで最もレースらしいレースが出来たと思います。下位だったのであまり注目はされませんでしたが、周囲の車とのバトルや、500クラスの車との駆け引きなど、コンペティティブな場面が多くありました。もう少し早くこういうレースが出来ていれば、結果にも結びつけることが出来たのかなと残念に思います。とは言え、シーズンは終了しましたが、レース自体は終わったわけではないので、また継続してこの車をいい方向へ導いていけるよう、オフシーズンを有効に使いたいと思います。1年間ありがとうございました。
[2007/11/05/13:40]
決勝コメント [2007/11/05/13:40]
決勝リリース [2007/11/05/13:39]
決勝レース正式結果 [2007/11/05/13:37]
予選コメント [2007/11/05/13:35]
予選リリース [2007/11/05/13:34]
予選総合結果 [2007/11/04/00:35]
スーパーGT最終戦 富士スピードウェイ [2007/11/04/00:30]
 第1戦 | 第2戦 | 第3戦 | 第4戦 | 第5戦 | 第6戦 | 第7戦 | 第8戦 | 第9戦
本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。

お問い合せ2006シーズン